受講者の声

voice

資質学とは
僕は、2018年5月に坂入さんとの資質学セッションに臨みました。

人材育成の仕事をしていることもあって、「人」に焦点を当てたサービスなどには興味があり、自分でも何種類ものアセスメントテストを受けたり、時には占い師に見てらったりもしました。
しかし、資質学についてはその存在すら知りませんでした。

資質学の診断を受けて良かったのは、「今世での自分の役割が明確になった」ことです。
「過去世と今世のつながりの中で果たすべきことは明確で、自分がその使命を担うことを選び、親をも選んで生まれてきた」という、とても分かりやすい論理がそこにはありました。 資質学が学問たる所以が、そこにあるのだろうなと感じました。
「自分を知る」という目的を掲げて色んなことを試したものの、「じゃあ、これをどう活かしたらいいのか?」についてはこれまでしっくりこなかったのですが、それらとは違った印象を受けたのです。
資質学セッションにおいては、「役割」という言葉で自分の活かし方を示してもらえたことで、どのように生きるかについてもやもやとしていことが明確になりました。

現在では、坂入さんの言葉を意識しながら、以前にも増して会社経営に想いを持って臨めていると感じています。迷いの色が薄くなっていることも感じています。
僕の言動行動は、確実に変化しました。

坂入さんにいただいた2018年5月8日の時間は、変革のための確実な一歩になったのです。
鈴木誠一郎さん /男性
ブライトンパートナーズ代表/一般社団法人営業部女子課の会理事/生涯学習開発財団認定コーチ
 人材育成・インナーブランディングを柱に、企業がより元気になるための事業を展開中
子供達が成長するにつれ、自分の時間が持てるようになると思った時、自分に何ができるのか、自分が何がしたいのか、そんなことを日々考えている時に千佳さんに資質を見ていただきました。

千佳さんに資質を見てもらい、自分自身の新しい発見もたくさんありましたし、私のことを知っていたのかと思うほどに私のことをわかってくれたりもしました。
その時間は、とても楽しく心あたたまる時間でした。
そして資質を見ていただいた数時間後には、もう新しく何を始めたいか心に決まっていて、行動を起こしていました!

今は子供達の英語クラスの講師として活動することに☆
千佳さんに見ていただいて、改めて自分を見つめなおすこともできました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
松山美紀さん/女性
幼児教室 brain tree 英語講師
仕事で、コミュニケーションについて考える機会も増えたり、趣味ではじめたお片づけの資格取得に際し(ライフオーガナイザー)心と向き合うことが増え、心理学に興味をもっていました。
そんな時、友人に紹介されて自分の役割について考えられるチャンスだと思ったためお願いしました。

忙しい毎日の中で、自分と向き合う時間がなかなか持てない中、いろいろな悩みを抱えて次の行動に移せなかったり、そもそも先送りにしていることがありました。
そのこと自体にちょっと罪悪感をいだいていたのですが、お話を伺って、「そういう事だったんだ」と腑に落ちたことがいくつもありました。
罪悪感を抱いていた先送り事項も、先が見えなくて迷っていた事も、理由を知ることで、「あっ!こういうことね、これでいいのね」という感じで分かったんです。
教えて頂いたことから、これからの事を考えていくのがとても楽しいです。
mayumiさん/女性
https://ameblo.jp/thankyou39life/
2018年10月
私は悩んでいました。

当時、ファイナンシャルプランナーの知識を活かして連載コラムのお仕事を頂いていたものの、今後も稼げる保障がないFP業を営んでいくのか…
もしくは、 事務等のパートで働くか…

そんな話を友人にしたら、資質学セッションを行っている千佳さんを紹介してくれました。
その友人は、友人自身はもちろんのこと、友人の夫や子供、親の分まで千佳さんに資質を見て頂いていました。
友人いわく、自分の資質や子供の資質を把握しておくことで、資質を伸ばせるようサポートする事ができ、子育てにも自信が持てるようになったと話していました。
その話を聞いて、私も早速、千佳さんにセッションして頂きました。

セッションは2時間。
全てを受け入れてくれるような懐の深さがあり、とても優しく導いてくださる千佳さんのお人柄にすっかり魅了され、あっという間の2時間でした!

迷いはありましたが、千佳さんに優しく、そして心強いアドバイスを頂き、FP業に邁進することを決意しました。
千佳さん、ありがとうございました!!

〜今後の人生に迷いがある方へ〜
一度でいいので、千佳さんにお会いしてみ 自分自身の資質に合った事をすると、居心地が良くなり、きっと悩みが減ります。
「悩む」という無駄な時間をご自身の資質に合う事に使ってくださいね。
山崎美紗さん/女性
親子で楽しくお金の事を学べるワークショップを開催中。
マネーサイト、FPコラムにて執筆活動中。
幼児教室運営も行う。
資質学を受けて 自分の資質を知って強くなった。そして、自分が生きてきて心地いい〜と思えることを大切にして生きてきたら、それが全て資質に現れていた。会社を退職し、新境地で新たに始めた自分で見つけ出した仕事「編み物を教えること」「想像力を育てること」が人から天職だと言われ10年。出産を2度経験し、産後赤ちゃんと向き合う時間が「まっさらな自分」と向き合わせてくれる。社会との関わりのない、仕事を持たない静かな時間に見えてくる「自分積み木」は、資質学で知った三角のピラミッド積み木と同じだった。
生きてく上で大切な自己肯定感。他人からの承認欲求で生きるステージではなく、自分が自身を認め、自身の価値に感謝し、そこに寄り添い集う人々に感謝しながら生きる、最高の自己肯定感。この境地を改めて意識させてもらえたのが資質学。

私たち人間は、生まれた日のエネルギーを持って、今世で果たしたい役割を持って生まれ、生きる。私のお腹を選んで生まれてきてくれた子もまた同じように生きる役割を自分なりに見つけて、本能全開で一生懸命生きている。だからこそその子の資質を見極め、活かし、育ててあげたい。 私は、資質学は身長や体重を自身が把握しているのと同じように、「マイデータ」の1つだと考えています。自身を知り、自身の特性を最大限活かして楽しく生きることができる、そんな助けになるものだと考えています。
私自身は、自分の資質データを知った後、家族皆の資質データを学び、家族とのコミュニケーションに活かしています。家族それぞれ資質は異なります。それでもご縁があって家族になった大切な人たち。だからこそ家庭は、個々を尊重できるような源泉が常に湧き出ている「喜びの泉」のような場にしたい。

家族の資質を知り、家族の抱くひょんな気持ちを1つ1つ大事にして毎日の生活を送る。この家族と出会い、「今日この家族と生活が一緒にできてよかったぁ」って、毎日感謝して生きる日々を送ることができています。
横山浩代さん/女性
幼児教室 brain tree 主催/脳育ワークショップ/Knit Grace 主催
占いの類は、全くと言っていいほど、信じない私ですが、誰しもアソビ感覚で、アレコレとアドバイスを貰うのは、キライじゃない。というのが、矛盾を抱えた人の性かもしれません。

3年程前、思いがけず、団体の理事に推され悩んでいた時に、千佳センセイに、資質学見地からアドバイスを頂きました。意外にも、おっしゃったことは、何方でもよい、というもので、『貴女はダイヤモンドを抱いて眠るライオン』ですと!
ガーンと一発くらいました。これほどの励ましがありましょうや。。

思いの儘生きよ、進めよ。との指針かと。
あれから、さらに私はその組織のリーダーと成長させて頂き、充実した毎日を過ごしています。
t.oさん
一般社団法人理事

Follow me

お問い合わせはInstagramより受け付けております。
お気軽にフォローしてください!

Instagram